FANDOM


這是一篇等待翻譯的作品。

四百塔尊的由來編輯

今から約二百八十年前の享保の頃(徳川幕府八代将軍吉宗の頃) 高田雑司ケ谷と板橋を結ぶ街道と礫川と東長崎を結ぶ街道付近 (現在の西武線池袋駅東口)は、夕方になると追いはぎや辻斬が 出没し、夜はその難を逃れる為、通行する人が途絶えました。 享保六年の夏、一晩で一七名の辻斬残骸があり、この不祥事を 憂いて、池袋村民有志六十四人が雑司ケ谷鬼子女神威光山法明寺 第二十二世日相上人に供養をお願いし、享保六年九月、法華経の お題目を刻した石塔を建立して無縁仏の霊を供養しました。 正面にはお題目、右側面には北方板ばしみち、左側面には、 南方高田雑司ケ谷道が記され、道標としても使われました。 この塔は四面塔尊と称され、以来、法華経の功徳により 災難は解消されました。平成十二年九月吉日 池袋四面塔尊奉賛会

四面塔は3つの顔を持ってます。 1.供養塔 2.祟り塔 3.三宮魔方陣

明治時代になり池袋周辺は近代化の開発の波が襲いました。 東武鉄道と西武鉄道の開業により四面塔が在った場所は 区画整理を受けて塔は駅前に強制移動されました。 移動に関った作業員が相次いで事故死したため、 毎年四面塔を秦じる祭が在りましたが、しかし太平洋戦争の 勃発により祭は中断し周辺は空襲や戦後混乱で荒廃して行きました。 戦後混乱も終息し再び駅周辺は開発が始まりました。 1955年(昭和30年)駅前に丸物デパートの建設により、 駅前から現在の土地にまた強制移動されました。 しかし丸物デパートの建設中事故が頻発した為、 デパート関係者は地元の有志と協力して四面塔を新装し、 祟りの終息を祈願しました。時に1955年(昭和30年)5月。     しかしその後、デパートは完成したものの丸物デパートは 潰れました。人々は噂しました…「塔を動かしたから」と

池袋周辺には3つの神社が在ります。 1…豊島区上池袋2丁目子安稲荷神社 2…豊島区南池袋3丁目威光稲荷神社 3…豊島区南池袋3丁目三社神社 1~3の神社を全て結ぶと三社宮の結界陰陽道が出来ます。 平たく謂えば「魔方陣」です。 その三社宮の中心付近に在るのが四面塔。

以上池袋・四面塔レポートでした。

您使用了廣告過濾軟體!


Wikia通過廣告運營為使用者提供免費的服務。我們對通過嵌入廣告過濾軟體訪問網站的使用者進行調整。

如果您使用了廣告過濾軟體,將無法使用我們的服務。請您移除廣告過濾軟體,以確保頁面正常載入。

查看其他FANDOM

隨機Wiki